So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

落語講座 [イベント]

9月最後の子どもクラブは、落語講座でした

講師は去年に続き瀧川鯉○(たきがわこいまる)さんです

画像 007_R.jpg


「落語」というと大人でもちょっと敷居が高く感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実際はそんなこと全くありません!めちゃくちゃ面白いです!!気が付けば涙が出るほど笑ってました

子どもにも分かりやすい演目を選んでいただいたこともあり、会場が常に笑いで溢れていました

扇を使ったお蕎麦をすする仕草や、とっくりでお酒を注ぐ仕草も教えていただきました

画像 026_R.jpg


画像 032_R.jpg


他にも太鼓を披露していただいたり、実際に高座に座って一人ずつ披露したりもしました

画像 035_R.jpg


画像 042_R.jpg


参加者の中には、去年も鯉○さんに落語を聞かせていただいていた子もいて、
「前回はどんなお話だったか覚えてる?」
と聞かれると
「まんじゅうこわい!!」
と、すぐに返事がありました

1年たっても印象強く記憶に残る素晴らしいお話を聞かせていただきありがとうございました
来年も楽しみです!


投扇興・煎茶道・萩真丈 [イベント]

夏も終わり、朝晩冷え込むようになってきましたね!
だんだんと季節が移り変わってゆくのを実感しております…

8月の子どもクラブでは投扇興(とうせんきょう)という遊びをしました

画像 046_R.jpg


画像 008_R.jpg


画像 036_R.jpg


文字通り、扇を投げて的を狙う遊びです!
的に当てるのはもちろん、扇の着地したときの形によっても得点が違うのです
カラフルな扇が舞う様子はとても優雅で綺麗でした♪
子どもだけでなく大人も夢中になる伝統的な遊びでした


千葉県松戸市には、戸定邸という水戸藩最後(11代)の藩主徳川昭武が造った別邸が残されています

IMG_0060_R.JPG


その敷地内のお茶室「松雲亭」で愛茗流煎茶道の木村先生にお煎茶の頂き方を教わりました

IMG_0012_R.JPG


IMG_0014_R.JPG


IMG_0018_R.JPG


お煎茶のお道具は小さくてとても可愛いです♪
普段飲むお茶の量よりずっと少ないのですが、お茶の甘みや香りがギュッと凝縮されていて衝撃をうけました!!飲み終わった後も口の中に良い香りが残っていて幸せな時間を長く楽しめました!
お煎茶を淹れるときに使う急須ですが、子ども達にはあまり馴染みがないようです…
聞いてみたら「おばあちゃんの家で見たことがある」程度のようで、使っていない家庭が多いことにビックリしました

9月のお出汁教室のメインは萩真丈です

IMG_0042_R.JPG


IMG_0043_R.JPG


どのトッピングも素敵です♪

IMG_0048_R.JPG


栗ごはんと二色の白玉も、とても美味しかったです

料理教室を開催している「きれいのたね」のキッチンのすぐ隣にはキッズコーナーがあるので小さいお子さんと一緒に参加してくださる方もいらっしゃいます

IMG_0051_R.JPG


土鍋で炊いたごはんと丁寧にとったお出汁はお子さんにも大好評なんです♪

少人数でアットホームな雰囲気の中、和食の基本を身につける料理教室に一度参加してみませんか?
JR松戸駅から近いスタジオです
興味を持っていただけたらぜひsoso@soso.or.jpまでご連絡ください

10月からは「青少年おもてなしカレッジ」の活動が始まります
www.machi-ken.jp/omotenasi_2014.html
色々な分野のプロから「おもてなしの心」を学び東京オリンピックで私たちの街を紹介できるようになろう、という企画です
こちらの活動報告もさせていただきますのでお楽しみに!




きれいのたねでクッキング [イベント]

子ども達には嬉しい夏休みですが毎日暑い日が続いていますね
夏バテなど体調を崩してはいませんか?
食欲がなくなるこの時期にやさしいお出汁を使った料理はいかがでしょうか?
今回は6月と7月に開催したお出汁を使ったお料理教室の様子と、子ども達の和菓子作りの様子をおとどけします!

はじめに、6月30日のお出汁教室です

画像 064_R.jpg


メインはなんと温かい胡麻豆腐なんです!!
冷たいものは馴染みがあると思いますが、温かいものは珍しいですよね!

金胡麻を、すってこして香り高い滑らかな胡麻豆腐ができました

画像 061_R.jpg


デザートの手づくりの葛きりも好評でした

画像 063_R.jpg


続いて7月28日のお出汁教室です

画像 069_R.jpg


メインは普段の食卓では中々お目にかかれない鱧(ハモ)です!
鱧の表面には片栗粉をまぶしてツルンとした仕上がりになっております

画像 068_R.jpg


試食の最後に茶懐石ではおなじみの湯筒を召し上がっていただきました
ごはんのおかわりが続出して皆様おなかいっぱいの様子です
お子様にも喜んで食べてもらえました♪

画像 070_R.jpg


最新の8月10日の親子クラブ・子どもクラブです
台風11号の影響が心配でしたが当日欠席なく参加していただきました

画像 074_R.jpg


錦玉(キンギョク)という和菓子づくりにチャレンジしました
晝間先生のお手本がこちら

画像 082_R.jpg


涼しげですね~
夏にぴったりの和菓子です!

メインの作業は練りきりの着色と成形です

画像 077_R.jpg


画像 079_R.jpg


画像 085_R.jpg


金魚の色を濃い目にしたりマーブルに挑戦したりと個性豊かな金魚が出来上がりました

最後はお薄と一緒に

画像 081_R.jpg


夏休みの自由研究にすると張り切っている子がいて嬉しいかぎりです

8月のお出汁教室は18日(月)です
冷やしとろろ、生うに、じゅん菜の冷製のお出汁を楽しんで頂きます
まだまだ参加者募集中です!

開催場所の詳細はこちらから
http://www.kireinotane.jp/cooking/japanese_culture.html

装爽ネットワークへ直接お申し込み頂くと1回3,000円で参加いただけます
soso@soso.or.jp
興味を持っていただけたらお気軽にお問い合わせください
皆様からのご連絡お待ちしております

礼法ご挨拶の仕方・風呂敷扱い

平成26年度最初の日本文化子どもクラブ・親子クラブが開催されました。

まずはじめに礼法としてご挨拶の仕方をお勉強しました。

写真 3.jpg


人は親や兄弟、姉妹、友達、周囲の方達と助け合いながら生活しています。
多くの人たちと気持ちよく過ごすには、お互いを尊く思うことが大切です。
相手を思いやる、その気持ちを表す気持ちの一つに日常の挨拶があります。

美しいお辞儀は頭だけ下げず、背筋を伸ばして、体を腰から前にまっすぐ傾けます。
体を起こす時は、ゆっくり上げると丁寧に見えます。

皆が勉強したお辞儀をブログでも紹介します。
挨拶のお辞儀には4種類有ります。
相手や状況により応じたお辞儀をしましょう。

①会釈礼(えしゃくれい) 15度くらい
 人とすれ違うときや部屋に入るときなど

②敬愛礼(けいあいれい) 45度くらい
 お友達とするお辞儀 

③尊敬礼(そんけいれい) 75度くらい
 先生や目上の方するお辞儀
 
④最敬礼(さいけいれい) 90度くらい
 神社や寺院で神仏の前などでする もっとも丁寧なお辞儀

ご挨拶の言葉を述べてからお辞儀をします。
一言の挨拶が、あなたの印象をよくします。
語尾までハッキリと丁寧な言葉づかいで挨拶しましょう。

写真 4.jpg


風呂敷の扱い方も勉強しました。

写真 2.JPG


上手に包めるようになりました。
こんな使い方をする上級者も!

写真 1.JPG


第2回は、ゆかたのたたみ方などを勉強します。
今年も皆で楽しく日本文化を学びましょう!


伝えていきたい日本の味~和のだし~ [イベント]

5月26日に今年からの新たな取り組みが始まりました。
活動内容は、和食の基本「お出汁」をメインにした料理教室です。
今回は、記念すべき第一回目の様子を報告させていただきます!

作る料理は「かに真丈」の煮物椀です。
毎回、土鍋でご飯を炊きます。

お出汁をとるために「かつを」の準備をします。

画像 021_R.jpg


交代で沢山削りました。

画像 024_R.jpg


画像 025_R.jpg


昆布は「やまだし昆布」という肉厚で貴重な昆布を使用しました。

画像 026_R.jpg


「かに真丈」もおいしく出来上がりました。

画像 032_R.jpg


画像 034_R.jpg



土鍋ご飯がふっくら炊き上がりました。

画像 039_R.jpg


「かに真丈の煮物椀」完成です。
蛇の目にした白瓜と椎茸、吸い口に青柚子をあしらいました。

画像 041_R.jpg


参加者の中にはお子さんと一緒のママさんもいらっしゃったのですが、試食の時には、お子さんにも一緒に食べていただきました。ママさんから「いつもより沢山食べてる」「お茶碗を離してくれない」と嬉しい報告をいただきました。

毎月1回お出汁がメインの料理教室を開催いたします。
場所は松戸の「きれいのたね」です。
http://www.kireinotane.jp/cooking/japanese_culture.html
参加費は3,500円となっていますが、装爽ネットワークに直接お申し込みいただくと3,000円でご案内させていただきます。また前納していただくと、さらにお得になります!
お出汁のやさしい香りに包まれるアットホームな料理教室です。
ぜひお気軽にsoso@soso.or.jpまでお問い合わせください。

6月は「胡麻豆腐の煮物椀」です。
どうぞお楽しみに!

修了茶会に向けて [イベント]

2月下旬の子どもクラブ・親子クラブでは、3月23日の修了茶会に向けてお稽古をしました。
本当は上旬にもお稽古する予定でしたが、47年ぶりともいわれている大雪の翌日だったのでやむなく中止とさせていただきました…

まずはじめに、皆様が作ったお茶碗が出来上がったのでお渡ししました。
完成したオリジナル茶碗は、どれも力作です!
修了茶会では、このお茶碗でお点前します。
楽しみですね♪

DSC_0561-1.jpg


次に袱紗の練習です。
久しぶりで忘れちゃったかな?という場面もありましたが、すぐに思い出してくれたようで一安心。
子どもの頃に体で覚えると、大人になっても忘れませんよね。
正座の姿勢が美しいことや、綺麗なお辞儀は大人になっても大切な所作です。
子どものうちに自然に出来るようになるのは本当に素晴らしいことだと感じます。

そして、盆略点前です。

DSC_0557.JPG


DSC_0565.JPG


DSC_0556.JPG


この日のお茶菓子は、なんとも春らしい一品でした。

DSC_0562.JPG


DSC_0555.JPG


大勢の方に参加していただいたので、親御様には影点てしていただきました。

DSC_0560.JPG


はじめに少しふれましたが、1年間の集大成ともいえる修了茶会が3月23日に行われます。
場所は枝垂れ桜で有名な東漸寺です。
花見がてらの一服はいかがでしょうか?
興味のある方は、soso-ku@soso.or.jpまでお問い合わせください。

修了茶会のお知らせ_R.JPG

親子クラブでお雑煮作り [イベント]

12月の親子クラブではお雑煮を作りお正月準備をしました。
開催日である22日は一年で最も昼が短い冬至でした。
日差しがあっても寒い日でしたが、親子クラブの皆様は元気な笑顔で参加してくれました。

はじめに木村先生からの「どんなお雑煮を食べていますか?」という問いに色々なお雑煮が登場しました!!
関東風の王道である四角いお餅にお醤油ベースはもちろん、関西風の白味噌ベースやおすまし等…中にはクルミをペースト状にして絡めて食べる‘クルミ餅’というものまで!様々なお雑煮エピソードで盛り上がりました。

その後にお母様たちは、木村先生と一緒にお雑煮に入るお野菜の飾り切りをしました。
椎茸は亀甲、人参は梅、柚子は松葉です。
DSC_0524.JPG

その間にお子様たちは、本田先生と和紙を使ってオリジナルの箸袋とポチ袋を作りました。

DSC_0521.JPG

真剣な表情で取り組んでいます。
DSC_0526.JPG

お雑煮を仕上ている間に親子で鶴の箸置きも作りました。
DSC_0527.JPG

お母様たちには一番だしの飲み比べもして頂きました。貴重な‘やまだし昆布’と‘日高昆布’の2種類を飲んで皆様から「全然ちがーう!」と驚きの声が!
最後に完成したお雑煮と木村先生お手製の柚子とグラニュー糖の和えものを食べました。

DSC_0529.JPG
DSC_0528.JPG

年明けの親子クラブではお正月遊びをする予定です。
また沢山の笑顔が見れるのを楽しみにしております!
どうぞ良いお年をお迎えください。

人生の西陽が当たる頃、 素敵な影を映せる自信、ありますか? [イベント]

+++装爽ネットワーク5 周年記念講演会のお知らせ+++


DSC_0061.jpg

日本の文化と、日本のこころを次世代に伝えていきたい。そんな思いから発足した NPO法人 装爽ネットワークも、多くの皆様に支えられて今年で5 周年を迎えることが出来ました。
日本人として伝え残さなければいけない文化を素敵なおばあちゃん、萬谷和子先生をお招きしてお話を伺います。これからの人生をさらに輝かせるために、一歩、一歩、素敵な西陽に向かって歩み始めてみてはいかがでしょう!ご参加お待ちしております。

CIMG0988.jpg
講師の萬谷和子先生

開催日 平成24 年11 月28 日( 水)
時 間 12:00~14:00 お茶席( 表千家・裏千家 3 席)
    14:00~16:00 講演会
会 場 浦安ブライトンホテル 1F フィースト
    tel047-355-7777
アクセス JR 京葉線 新浦安駅下車1 分
参加費 4,500 円

浴衣で、おもてなしの心を学ぶ

ついに、夏休みになりました。
ブログでもご案内しておりました、ゆかたの着付け講習会を開催致しました。
お子様が、自分で浴衣を着てみる!
みなさん、とても上手に、着ることができていますでしょ?
yukata.jpg
おもてなしの心を学ぶ、はじめの一歩。
まずは、畳に、正座をして、ごあいさつの仕方を学びました
手の位置、角度、ひとつひとつの意味をきちんと教えて頂き、お子様たちがお互いにむかいあって、ごあいさつ。

aisatu.jpg

次は、茶道を通して、お客様をおもてなし。
畳の歩き方から、お茶碗の渡し方、お返しの仕方、その都度、それぞれの立場で、ご挨拶をすることの意味。
ちゃ~んと、覚えてくれました。
tya.jpg

子供たちも大人も、同じように、お互いを思いやる気持ちを大切に、
今年の夏休みがスタートしました!




7月最初のお稽古

7月最初のお稽古
掛物は「瀧」 直下三千丈(ちょっかさんぜんじょう)

taki.jpg

どんな「瀧」の姿が浮かびましたか? 
瀧が直下に流れ落ちるありさまから、
少しでも暑さを忘れましたでしょうか?
それとも、天の川?

huro7.jpg
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。